野馬追い戦記「キバムシャーン」の製作

会津大学様の相双地域向けIT教育授業で弊社がArduinoの授業を受け持つことになりました。
単にLEDやブザーを光らせたり鳴らしても面白くないので、戦うロボットを制御することにしました。

ベースはタミヤのクローラロボットで、それにモータドライバとサーボモータとarduino nanoを搭載してジョイスティックで制御できるようにしました。

右の腕には全ての敵を薙ぎ倒す「トシタネブレード」を、左手には全ての攻撃を跳ね返すシールドを持っています。

頭には、相馬藩の旗指物がつけられるようになっていて、これを弾き飛ばされた方が負けになります。

こんな感じのロボットを5台製作し、みんなで制御の学習を行ってみようとおもいます。

動作はこんな感じです。
トシタネブレードを振り回すキバムシャーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。